Access:リレーションシップの結合の変更|内部結合と外部結合

リレーションシップの結合の種類を変更する方法を解説しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

リレーションシップの結合方法には「内部結合」と「外部結合」があります。

さらに「外部結合」には「左外部結合」と「右外部結合」があります。

変更方法は、結合線をクリックし選択、リボンのリレーションシップの編集で開くダイアログを開きます。

次に結合の種類ボタンで結合プロパティ ダイアログを開き行います。


関連する「参照整合性・連鎖更新・連鎖削除とは」を参照してください。




リレーションシップの結合の変更

作品データベースのリレーションシップを使います。

リボンの「データベースツール」-「リレーションシップ」をクリックし、リレーションシップを表示させます。

リレーションシップを開く

1.変更する結合線をクリックし選択します。選択されると線が太くなります。

2.リボンのリレーションシップの編集をクリックします。

結合線を選択する

「リレーションシップ」ダイアログが開くので、「結合の種類」ボタンをクリックします。

結合の種類を変更する

スポンサーリンク



結合プロパティの設定

「結合プロパティ」ダイアログが開くので、下の3種類から選択します。

1: 両方のテーブルの結合フィールドが同じ行だけを含める。 → 内部結合
両方のテーブルで一致したレコードのみ抽出されます。片方にしかデータがない場合は抽出されません。

2: (左テーブル名)の全レコードと(右テーブル名)の同じ結合フィールドのレコードだけを含める。 → 左外部結合
左テーブルの全レコードと、右テーブルの存在するレコードのみが抽出されます。

3: (右テーブル名)の全レコードと(左テーブル名)の同じ結合フィールドのレコードだけを含める。 → 右外部結合
右テーブルの全レコードと、左テーブルの存在するレコードのみが抽出されます。

結合プロパティを選択する

矢印が付いた結合線に変わりました。

下の結合の場合、ジャンルと作品は両方に共通したレコードがないと抽出されません。

しかし、キャスト登録されていなくても作品は抽出されます。

変更できたリレーションシップ

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft