Access:複数条件で抽出できるフォームフィルターの使用方法

フォームフィルターを使うと複数条件で抽出でき、ワイルドカードも使用可能です。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Accessのテキストフィルターは1つの条件でのみ抽出できましたが、フォームフィルターは複数条件で抽出できます。

さらにフォームフィルターは、ワイルドカードが使用できるので複雑な条件を設定できます。

ワイルドカードとは、「*」などを使い任意の文字を抽出する機能です。

フォームフィルターはテーブルとクエリで使用できます。

ここではテーブルでの使用手順を画像で解説しています。

関連する「Access:テキストフィルターの抽出方法|テーブルのレコード」を参照してください。




フォームフィルターの使用方法

「注文請負」のテーブルを使用します。


リボンの「ホーム」-並べ替えとフィルターグループの「詳細設定(高度なフィルター - オプション)」をクリックし、表示されるメニューの「フォームフィルター」をクリックします。

フォームフィルターメニュー

抽出条件の入力画面が開きます。

  1. 各フィールドの▼をクリックしデータを選択するか、入力します。
  2. さらに別の条件がある場合は「または」タブをクリックします。これはOR条件になります。

ここでは、受注日が「2010/06/19」で会社名が「安全産業株式会社」と設定しました。

抽出条件の設定

  1. 「または」タブで入力している画面です。
      ここでは、受注日が「2010/06/26」に設定しました。
  2. フィルターの実行をクリックします。
受注日の条件を設定

スポンサーリンク



実行結果の画面です。

受注日が「2010/06/19」で会社名が「安全産業株式会社」 か 受注日が「2010/06/26」 のレコードが抽出できました。

フォームフィルターの抽出画面

条件にはワイルドカードを使用できます。

ワイルドカードとは

Like "?井商事株式会社" で会社名が 「○井商事株式会社」を抽出します。

先頭の「Like」は入力しなくても自動で付きます。

疑問符のワイルドカード

Like "システム*" で会社名の先頭が 「システム〜」を抽出します。

アスタリスクのワイルドカード

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft