Access:自動的に日本語入力にする

フィールドごとにIMEを設定する方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

例えば、郵便番号の入力欄では「半角英数」に、住所入力欄では「ひらがな」に自動的にできれば大変便利です。

又、入力ミスにも役立ちます。

この設定は「IME入力モード」で行うことができます。




設定値は下記になります。
  • No Control/コントロールなし : IME入力モードを指定しません。(既定値です)
  • On/オン : IME入力モードをオンにします。
  • Off/オフ : オフにします。
  • Disable/使用不可 : 使用できなくします。
  • Hiragana/ひらがな : 全角ひらがなに指定します
  • Full pitch Katakana/全角カタカナ : 全角カタカナに指定します。
  • Half pitch Katakana/半角カタカナ : 半角カタカナに指定します。
  • Full pitch Alpha/Num/全角英数 : 全角英数に指定します。
  • Half pitch Alpha/Num/半角英数 : 半角英数に指定します。
  • HangulFull/全ハングル : 全角ハングルに指定します。
  • Hangul/ハングル : 半角ハングルを指定します。
さらにAccessでは、人名や話し言葉等に優先的に変換してくれる設定があります。
これは「IME変換モード」で行うことができます。
設定値は下記になります。
  • Normal/一般 : 日本語入力時、最も変換精度が高くなります。(既定値)
  • Plural/人名/地名 : 名前や住所などの入力時に使用します。
    このモードの場合、「人名/地名」辞書と「郵便番号」辞書を使用できます。
  • Speaking/話し言葉優先 : 話し言葉を多く含む文書作成時、最も変換精度が高くなります。
  • No Conversion/無変換 : 入力した文字が変換せずにそのまま確定されます。
贈答管理ソフトでテストします。

贈答管理テーブルをクリックし選択します。
選択テーブル上で右クリックし表示されるポップアップメニューの「デザインビュー」をクリックします。
贈答管理テーブルのデザイン

スポンサーリンク



例えば、氏名の入力欄を設定します。
IME入力モードとIME変換モードの初期値は、「オン」と「一般」になっています。
このプロパティを変更します。
氏名フィールドの入力モード

氏名の場合、IME入力モードを「ひらがな」にIME変換モードを「人名/地名」に変更します。
これで氏名を入力するテキストボックスにカーソルが移動すると、自動的に「ひらがな」入力に変わり、名前を入力するのに最も適したモードになります。
氏名をひらがな入力にする

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft