Access:レコードを削除する

Accessの商品管理テーブルを使い、そのレコードを削除する方法を2種類紹介します。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

レコードを削除すると元には戻せません、注意してください。

又、オートナンバーフィールドの番号は歯抜けになります。

まず対象のテーブルをデータシートビューで開きます。

ここでは商品管理を開いています。




■ 方法1
コピー元の行のレコードセレクタ(左端の部分)をクリックし、行全体を選択します。
リボンの「レコード」-「削除」をクリックします。

鮭おにぎりのレコードを選択しています。
リボンのレコード削除ボタン

「1件のレコードを削除します。「はい」をクリックすると、元に戻すことはできません。これらのレコードを削除してもよろしいですか?」とメッセージが表示されるので、はいをクリックすると削除完了です。

削除すると、オートナンバー型のフィールドは歯抜けになります。
オートナンバー型はそのレコード固有の番号だからです。住民基本台帳の国民背番号のようなものです。
削除の確認メッセージボックス

スポンサーリンク



■ 方法2
コピー元の行のレコードセレクタ(左端の部分)をクリックし、行全体を選択します。
選択行の上で右クリックしメニューを表示させ、メニューのレコード削除をクリックします。

ミックスサンドを選択し、削除しようとしています。
ポップアップメニューのレコード削除

確認メッセージが表示されるので、はいをクリックすると削除されます。
削除メッセージダイアログ

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft