Access:更新クエリを作成|大量データや指定レコードを更新する

更新クエリを使うと、大量のデータや指定したレコードを一度に変更できます。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

変更されたデータは元に戻せないので注意が必要です。

事前にバックアップをしておけば安心です。

VBAで更新クエリを作成し実行する(アクション クエリ)」も掲載していますので参考にしてください。


更新クエリの作成手順

リボンの「作成」「クエリデザイン」をクリックします。

クエリデザインボタン

更新するテーブルを選択します。

ここでは、備品管理テーブルを使います。

テーブルの表示ダイアログボックス

1.更新するフィールドをダブルクリックしデザイングリッドに追加します。

2.リボンのクエリツール デザインの更新ボタンをクリックします。

更新クエリの実行

スポンサーリンク



デザイングリッドの項目に、「レコードの更新」が追加されます。

ここでは、全部の備品の貸出数を0にリセットしたいと思います。

1.レコードの更新に 0 を入力します。

2.実行ボタンをクリックします。

レコードの更新に入力

「○件のレコードが更新されます。」とメッセージが表示されるので、問題なければ「はい」ボタンをクリックします。

メッセージダイアログボックス

全部の貸出数が0に更新できました。

更新された備品管理テーブル

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft