起動時にAccess本体を非表示にし、フォームのみ表示する

アプリを作成した場合など、起動時にデータベースウィンドウやリボンなどのAccess本体を非表示にし、フォームのみ表示させたい場合があります。その方法を掲載しています。

フォームのみ表示する手順

  1. 起動時に表示するフォームの作成
  2. フォームが開く時のイベントに、リボンを非表示にするVBAを入力する。
  3. オプションを設定する
  4. 保存し設定完了
  5. さらにスッキリしたフォームにしたい場合のプロパティ設定

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

起動時表示するフォームの作成

リボンの[作成]〜[フォーム デザイン]で作成したフォームです。
[フォーム デザイン]で作成したフォーム

イベント プロシージャを作成する

1.プロパティ シートを開きフォームを選択します。
2.イベントタブで[開く時]のプロパティで、[イベント プロシージャ]を選択します。
3.[…]ボタンをクリックします。
イベント プロシージャを作成

VBE画面が表示されForm_Open内に,リボンを非表示にするVBAを入力します。
Form_Open内に,リボンを非表示にするVBAを入力

Option Compare Database

Private Sub Form_Open(Cancel As Integer)
    DoCmd.ShowToolbar "Ribbon", acToolbarNo
End Sub

スポンサーリンク



Accessのオプションを設定する

リボンの[ファイル]をクリックします。
リボンの[ファイル]をクリック

左のメニューから[オプション]を選択します。
メニューから[オプション]を選択

Accessのオプションが開きます。
1.左メニューから[現在のデータベース]を選択します。
2.フォームの表示で、上で作成した起動時に開くフォームを指定します。
3.[ステータスバーを表示する]のチェックを外します。
4.[ドキュメントタブを表示する]のチェックを外します。
5.[ナビゲーション ウィンドウを表示する]のチェックを外します。
Accessのオプション

これで保存し再起動すると、下のようにAccessが表示されずにフォームのみ表示できます。
Accessが表示されずにフォームのみ表示

スッキリしたフォームに変更する

フォームのプロパティ シートを開きます。
1.[境界線スタイル]を細線にします。
2.[レコードセレクタ]を「いいえ」にします。
3.[移動ボタン]を「いいえ」にします。
4.[スクロールバー]を「なし」にします。
スッキリしたフォームに変更

これでメニューなどのフォームに使用できる、スッキリしたフォームが表示できます。
メニューなどのフォームに使用できる、スッキリしたフォームが表示

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

Copyright(C) FeedSoft