Access:オプショングループの作成方法|ウィザードの使い方

オプションボタン・トグルボタン・チェックボックスのオプショングループをウィザードを使い作成します。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessフォームへ

オプショングループは、オプションボタン・トグルボタン・チェックボックスのいずれかを使い、複数の選択肢から一つを選択することができるコントロールです。

2つの選択肢の場合、Yes/No型のフィールドに使うことができます。

また、複数の場合、数値型のフィールドに使うことができます。

オプショングループに特定のフィールドを設定し、例えば選択肢が3つの場合、1番目に数値1を、2番目に数値2を、3番目に数値3を割り当てます。これで2番目が選択されれば、そのフィールドには2が入力されることになります。

ここではウィザードを使用しますが、ウィザードを使用せずにデザインで設置することもできます。

次に「コマンドボタンにマクロを割り当てる」を掲載していますので参考にしてください。



オプショングループをウィザードを使い作成する

■ オプションボタンを配置するフォームの新規作成

リボンの「作成」-「空白のフォーム」をクリックし、新規フォームを作成します。

フォームを新規作成する

  1. リボンの「プロパティ シート」をクリックし、プロパティ画面を表示させます。
  2. プロパティ シートの選択の種類をフォームにし、レコードソースを設定します。
    ここでは、T_社員管理 を指定しました。
フォームにレコードソースを設定する

リボンの「表示」の下の▼ボタンを押し、表示されるメニューの「デザインビュー」をクリックします。

フォームのデザインビュー

■ オプションボタンをフォームに配置する方法

  1. コントロールウィザードの使用をONにします。
  2. フォーム デザインツール - デザイン の オプショングループをクリックし選択します。
オプショングループを選択する

フォーム上にオプショングループを配置します。

これでウィザードが始まります。

コントロールの配置

オプション グループ ウィザードの開始画面です。

オプションに付けるラベルを入力します。

ここでは、製造課・品質管理課・営業部・総務部と入力しました。

この4つの部署名の中から、一つを選択することになります。

ラベル名を入力する

既定にするオプションを選択します。

オプションを設定する

スポンサーリンク



オプションに割り当てる数値を入力します。

ここでは、1〜4にしました。

オプションに割り当てる値を指定する

オプショングループを保存するフィールドを選択します。

ここでは数値フィールドの「部署番号」を指定しました。

オプションの値をどのように使うか指定する

使用するコントロールを、オプションボタン・トグルボタン・チェックボックスから選びます。

スタイルも選択できます。

コントロールを選択し、デザインを指定する

上に表示される標題を入力します。

標題を入力する

完成したオプショングループです。

オプショングループのデザイン画面

リボンの表示をクリックし、実行します。

フォームを表示する

フォームの実行画面です。

4つの部署から、一つを選択できます。

選択結果は部署番号フィールドに入力されます。

部署を選択するフォーム

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

Copyright(C) FeedSoft