Access:オートフォーム(フォームツール)でフォームを作成する

Accessのオートフォーム機能を使用し、自動でフォームを作成する方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessフォームへ

オートフォームを使うと、簡単に単票形式のフォームが作成できます。

オートフォームでは、一つのテーブルかクエリから作成でき、使用するフィールドは選択できません。

作成手順は下記の通りです。

  1. フォームのレコードソースとなるテーブルかクエリを選択します。
  2. リボンの[作成]タブ〜[フォーム]をクリックします。
  3. フォームが作成され表示されます。
  4. フォームに名前を付けて保存すれば完了です。

関連する「ウィザードで作成する」を掲載していますので参考にしてください。




オートフォームでフォームを作成する

■ フォームの作成手順

ここでは、商品マスターテーブルを使用します。


1.使用する元のテーブルかクエリをクリックし選択します。

2.リボンの「作成」-「フォーム」をクリックします。

フォームの作成開始

単票形式の入力フォームが出来ました。

表示された商品マスターの入力画面

スポンサーリンク



■ 作成したフォームを保存します。

クイックアクセスツールバーの上書き保存ボタンをクリックします。

フォームを閉じようとしても保存ダイアログボックスが表示されます。

フォームを保存する

名前を付けて保存ダイアログボックスが表示されるので、保存するフォーム名を入力します。

通常先頭に、「F」や「Frm」を付けてフォームオブジェクトだと分かるようにします。

フォーム名を入力し保存する

フォームが保存され、ナビゲーションウィンドウに表示されました。

保存できたフォーム

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

Copyright(C) FeedSoft