CByte関数 : Access

Access CByte関数はデータ型をバイト型に変換します。
バイト型とは、1バイト(8ビット)の変数で、0〜255の単精度の数値です。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

■ 構文
CByte(expression)

expression :(必須) 変換する文字列か数式を0〜255の範囲で指定します。

■ 戻り値
0〜255の数値が返ります。
変換できない場合は、エラーが発生します。

■ Access実行画面

文字列をバイト型に変換した結果

文字列 ”255” を変換すると 255 が返りました。
文字列バイト型変換ソフト

文字列 ”あいう” を変換すると エラーが発生しました。
「変換時エラーが発生しました。 型が一致しません。」
ソフト実行エラー画面

■ Access実行画面 整数型をバイト型に変換した結果

整数型 ”255” を変換すると 255 が返りました。
整数型バイト型変換ソフト

整数型 ”-1” を変換すると エラーが発生しました。
「変換時エラーが発生しました。 オーバーフローしました。」
オーバーフロー変換エラー画面

スポンサーリンク



■ Access実行画面 長整数型をバイト型に変換した結果
長整数型 ”255” を変換すると 255 が返りました。
長整数型バイト型変換ソフト

長整数型 ”256” を変換すると エラーが発生しました。
「変換時エラーが発生しました。 オーバーフローしました。」
変換エラー画面

■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
'文字型をCByte型に変換
Private Sub コマンド6_Click()
    Dim bt1 As Byte
    Dim s1 As String
    If IsNull(Me!テキスト0) Then
        MsgBox "変換するデータを入力してください。"
        Me!テキスト0.SetFocus
        Exit Sub
    End If
On Error GoTo ErrExit
    s1 = Me!テキスト0
    bt1 = CByte(s1)
    MsgBox "変換結果: " & bt1
    Exit Sub
ErrExit:
    MsgBox "変換時エラーが発生しました。 " & vbCrLf & Err.Description
End Sub
'Integer型をCByte型に変換
Private Sub コマンド7_Click()
    Dim bt1 As Byte
    Dim n1 As Integer
    If IsNull(Me!テキスト2) Then
        MsgBox "変換するデータを入力してください。"
        Me!テキスト2.SetFocus
        Exit Sub
    End If
On Error GoTo ErrExit
    n1 = Me!テキスト2
    bt1 = CByte(n1)
    MsgBox "変換結果: " & bt1
    Exit Sub
ErrExit:
    MsgBox "変換時エラーが発生しました。 " & vbCrLf & Err.Description
End Sub
'Long型をCByte型に変換
Private Sub コマンド8_Click()
    Dim bt1 As Byte
    Dim n1 As Long
    If IsNull(Me!テキスト4) Then
        MsgBox "変換するデータを入力してください。"
        Me!テキスト4.SetFocus
        Exit Sub
    End If
On Error GoTo ErrExit
    n1 = Me!テキスト4
    bt1 = CByte(n1)
    MsgBox "変換結果: " & bt1
    Exit Sub
ErrExit:
    MsgBox "変換時エラーが発生しました。 " & vbCrLf & Err.Description
End Sub

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

Copyright(C) FeedSoft