IsArray関数 : Access

Access IsArray関数は変数が配列であるかどうかを調べます。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

■ 構文
IsArray(varname)

varname :(必須) 変数を指定します。

■ 戻り値
指定した変数が配列の場合は、真 (True) が返ります。
それ以外の場合は、偽 (False) が返ります。

■ Access実行画面

「配列かどうかチェックする」ボタンをクリックすると、a1 a2 a3 の変数が配列かどうか調べ、結果を表示します。
配列チェックソフト

スポンサーリンク



■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
Private Sub コマンド0_Click()
    Dim a1 As Integer
    Dim a2(1 To 10) As Integer
    Dim a3 As Variant
    Dim sans As String
    '配列を作成
    a3 = Array(1, 2, 3)
    '変数 a1 のチェック
    If IsArray(a1) = True Then
        sans = "a1 は配列です。" & vbNewLine
    Else
        sans = "a1 は配列ではありません。" & vbNewLine
    End If
    '変数 a2 のチェック
    If IsArray(a2) = True Then
        sans = sans & "a2 は配列です。" & vbNewLine
    Else
        sans = sans & "a2 は配列ではありません。" & vbNewLine
    End If
    '変数 a3 のチェック
    If IsArray(a3) = True Then
        sans = sans & "a3 は配列です。"
    Else
        sans = sans & "a3 は配列ではありません。"
    End If
    'チェック結果を表示
    MsgBox sans
End Sub

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

Copyright(C) FeedSoft