PPmt関数 : Access

Access PPmt関数は利率が一定であるとして指定した期に支払われる元金を返します。
元金とは支払額から、利息分を差し引いた金額です。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

■ 構文
PPmt(rate, per, nper, pv[, fv[, type]])

■ 引数
rate  : (必須) 投資期間を通じて一定の利率を示す倍精度浮動小数点数型の値を指定します。
per  : (必須) 元金支払額を求める期を示す整数型の値を 1 〜 nper の範囲で指定します。
nper  : (必須) 支払い回数の合計を示す整数型の値を指定します。
pv  : (必須) 現在の投資額または将来行われる一連の支払いや収益を、現時点で一括した場合の合計金額を示す倍精度浮動小数点数型の値を指定します。
fv : (省略可) 投資の将来価値、または最後の支払いを行った後に残る現金の収支を示すバリアント型の値を指定します。ローンなどの借入の将来価値は 0 になります。
type : (省略可) 支払期日をバリアント型で指定します。各期の期末に支払う場合は 0、各期の期首に支払う場合は 1 を指定します。

■ 戻り値
倍精度浮動小数点数型 (Double) の値が返ります。

■ Access実行画面

ローンの指定した期に支払う元金(利息分を差し引いた金額)を計算します。
「年利」「計算する元金の回数」「返済回数」「借り入の総額」「支払いの時期」を入力し、「計算」ボタンをクリックすると計算結果をテキストボックスに表示します。
PPmt関数を使用した、ローンの元金計算ソフト

スポンサーリンク



■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
Private Sub コマンド22_Click()
    Dim f1 As Double
    '入力値のチェック
    If IsNull(Me!テキスト0) Then
        MsgBox "利率を入力してください。"
        Me!テキスト0.SetFocus
        Exit Sub
    End If
    If IsNull(Me!テキスト22) Then
        MsgBox "何回目の支払いの元金を計算しますか。"
        Me!テキスト22.SetFocus
        Exit Sub
    End If
    If IsNull(Me!テキスト3) Then
        MsgBox "返済回数を入力してください。"
        Me!テキスト3.SetFocus
        Exit Sub
    End If
    If IsNull(Me!テキスト7) Then
        MsgBox "借り入の総額を入力してください。"
        Me!テキスト7.SetFocus
        Exit Sub
    End If
    '支払いの元金を計算
    f1 = PPmt(Me!テキスト0 / 100 / 12, Me!テキスト22, Me!テキスト3, Me!テキスト7 * -1, 0, フレーム11)
    '少数点以下を切り上げ
    Me!テキスト20 = Int(f1 + 0.9)
End Sub

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

Copyright(C) FeedSoft