Abs関数:Access

Access Abs関数は指定した数値の絶対値を返す関数です。
絶対値とは、数値から符号を取ったものです。 例えば、Abs(123) と Abs(-123) はどちらも 123 になります。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

■ 構文
Abs(Number)
■ 引数
Number : (必須) 任意の数式を指定します。

■ 戻り値
絶対値が返ります。Null値が含まれている場合、Null値が返ります。

■ 実行後の画面
「実行する数値を入力してください。」のテキストボックスに数値を入力し、「Abs関数の実行」ボタンをクリックします。
下のテキストボックスに、実行前の数値とAbs変換後の結果を表示します。

123 も -123 も 123 になっています。
56.125 も -56.125 も 56.125 になっています。
Abs関数実行フォーム

スポンサーリンク



■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
Private Sub コマンド2_Click()
    If IsNull(Me!テキスト0) Then
        MsgBox "実行する値を入力してください。"
        Exit Sub
    End If
    If Not IsNumeric(Me!テキスト0) Then
        MsgBox "実行する値は数値を入力してください。"
        Exit Sub
    End If
    Me!テキスト3 = Me!テキスト3 & Me!テキスト0 & " : " & Abs(Me!テキスト0) & vbNewLine
End Sub

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

Copyright(C) FeedSoft