Chr関数、ChrB関数、ChrW関数:Access

Access Chr関数は指定した文字コードに対する、文字を返す関数です。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

■ 構文
Chr(charcode)
■ 引数
charcode : (必須) 変換する文字コードを指定します。
通常、0 〜 255 の値を指定します。
ただし、DBCS を使用しているシステムでは、 -32768 〜 65535 の範囲の値になります。
(DBCSとは、1文字が2bytesの日本語等のキャラクタセットのことです)
ASCII コード 0 〜 31の場合、制御文字の為、表示できません。
例.
Chr(0) : 値0の文字、VbNullChar
Chr(9) : タブ
Chr(10) : ライン フィード
Chr(13) : キャリッジ リターン
■ 戻り値
文字列型 (String) の値が返ります。

ChrB 関数は文字ではなく、1 バイトを返します。
ChrW 関数はUnicode 文字セットの文字を含む文字列型で返します。

■ 実行後の画面
上のListBoxは、「引数文字」と「Asc」から「Chr」への変換結果を表示しています。
中のListBoxは、「引数文字」と「AscB」から「ChrB」への変換結果を表示しています。
下のListBoxは、「引数文字」と「AscW」から「ChrW」への変換結果を表示しています。
Chr関数使用フォーム

スポンサーリンク



■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
Private Sub コマンド0_Click()
Dim l1 As Long
'ListBoxのクリア
Me!リスト2.RowSource = ""
s1 = "012345"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "12345"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "2345"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "345"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "012345"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "abcdef"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "ABCDEF"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "abcdef"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "ABCDEF"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
s1 = "あいうえお"
Me!リスト2.AddItem s1 & ";" & Asc(s1) _
& ";" & Chr(Asc(s1))
'ListBoxのクリア
Me!リスト5.RowSource = ""
s1 = "012345"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "12345"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "2345"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "345"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "012345"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "abcdef"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "ABCDEF"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "abcdef"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "ABCDEF"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
s1 = "あいうえお"
Me!リスト5.AddItem s1 & ";" & AscB(s1) _
& ";" & ChrB(AscB(s1))
'ListBoxのクリア
Me!リスト9.RowSource = ""
s1 = "012345"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "12345"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "2345"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "345"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "012345"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "abcdef"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "ABCDEF"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "abcdef"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "ABCDEF"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
s1 = "あいうえお"
Me!リスト9.AddItem s1 & ";" & AscW(s1) _
& ";" & ChrW(AscW(s1))
End Sub

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

Copyright(C) FeedSoft