Accessテクニック 関数 : DateAdd関数で日付を加算する

DateAdd関数を使うと、指定日時に日や時間を加算することができます。

DateAdd関数の構文・引数・使用例

ここでは、整頓チェックテーブルを使用し、次回チェック日(10日後)の日付をレポートに表示させます。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

■ レポートの元になる整頓チェックテーブル

整頓チェックテーブルです。
ID・チェック日・結果・結果メモ・実施者から構成されています。
整頓チェックテーブル

■ 整頓チェックレポート

整頓チェックテーブルを元に作成したレポートです。
整頓チェックレポート

スポンサーリンク



レポートデザインで、ページヘッダーに「次回チェック日」、詳細にテキストボックスを追加します。
テキストボックスのコントロールソースに、チェック日+10日を求める、DateAdd関数を入力します。
入力した関数 : =DateAdd("d",10,[チェック日])
レポートにコントロールを追加

「次回チェック日」を追加したレポートです。
チェック日の10日後の日付が表示されています。
次回チェック日を追加した整頓チェックレポート

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

Copyright(C) FeedSoft