Accessテクニック テーブル : オートナンバー型を連番に戻す

オートナンバー型はレコードを削除すると欠番になります。これを連番に振りなおす方法です。

注意: オートナンバー型のデータをリレーションしたり、他で使用している場合、データが変わってしまうのでこの場合は変更しないようにしてください。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

■ 歯抜けのオートナンバー型のデータ

名簿管理テーブルです。
IDの3と5が削除され歯抜けになっています。
名簿管理

■ オートナンバー型のデータを連番に振りなおす方法

オートナンバー型の上で右クリックし、表示されるメニューの「行の削除」をクリックします。
警告メッセージが表示されるので、問題なければ実行します。
テーブルの行を削除する

スポンサーリンク



先頭の行の上で右クリックし、表示されるメニューの「行の挿入」をクリックします。
テーブルに行を挿入する

挿入された空白行のフィールド名とデータ型を削除前と同じに設定します。
データ型はオートナンバー型です。
フィールド名とデータ型の設定

名簿管理テーブルを開きます。 IDが連番に戻りました。
連番に戻ったID

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

Copyright(C) FeedSoft