Accessテクニック クエリ : 重複データを抽出する

テーブルやクエリ内の重複しているデータを取り出すクエリを作成します。重複データとは同じフィールド内に同じデータが入力されていることをいいます。

ここでは、研修記録テーブルで試してみます。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

■ 元の研修記録テーブル

研修記録テーブルです。
氏名と電話番号に同じデータが入力されているのが分かります。
研修記録テーブル

■ クエリの作成開始

リボンの「作成」-「クエリウィザード」をクリックします。
クエリウィザード開始ボタン

ウィザードが始まります。
「新しいクエリ」-「このウィザードで、1つのテーブルまたはクエリ内の重複したフィールドの値を抽出するクエリを作成します。」から「重複クエリ ウィザード」を選択します。
重複クエリ ウィザードを選択

スポンサーリンク



「重複データを調べるテーブルまたはクエリを選択してください。たとえが、複数の得意先がある都道府県を探す場合は、[得意先]テーブルを選択します。」から、使用するテーブル「T_研修記録」を選択します。
研修記録テーブルを選択

「重複データを調べるフィールドを選択してください。たとえば、複数の得意先がある都道府県を探す場合は、[得意先]テーブルの[都道府県]フィールドを選択します。」から、重複しているフィールドの「氏名」と「電話番号」を選択します。
フィールドを選択

スポンサーリンク



「クエリの結果に表示するその他のフィールドを選択してください。たとえば[都道府県]フィールドで重複する値を探す場合、[得意先名]フィールドと[住所]フィールドを共に表示できます。」は、重複データのみ表示させたいので選択しません。
他のフィールドを選択

「クエリ名を指定してください。」に、クエリ名を入力します。
これで重複クエリが作成できました。
クエリ名を入力

左パネルには、作成した「T_研修記録の重複レコード」クエリが表示され、データビューには重複データが表示されています。
「NumberOfDups」フィールドは自動的に追加されたフィールドで、重複レコード件数を表示しています。
完成したクエリ

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

Copyright(C) FeedSoft