テーブルを作成しデータを入力する:問題2 - Access練習問題

問題:問題1で作成した「商品管理.accdb」を開きます。テーブルを新規作成し、保存後データを入力してください。

下のフィールドで作成し、テーブル名を付けて保存します。 データ入力は適当なデータを入力します。

テーブル名「T-商品マスター」
フィールド
フィールド名 データ型 説明(オプション)
主キー 商品ID オートナンバー型
商品コード 短いテキスト 「-」を付けて入力する
商品名 短いテキスト
販売単価 通貨型

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る BackAccess練習問題

商品管理データベースを開く

Accessを起動すると、左のパネルに最近使用したファイルの一覧が表示されるので、それをクリックすると開くことができます。
もしそこに表示さていない場合は、[他のファイルを開く]〜[参照]をクリックしファイルを選択します。

商品管理データベースを開く

新規にテーブルを作成する

リボンの[作成]〜テーブルグループの[テーブルデザイン]をクリックします。

テーブルグループの[テーブルデザイン]をクリック

フィールドの入力画面が表示されるので、問題にあるフィールドを設定します。
説明(オプション)は、覚書のメモなので入力しなくても構いません。

データ型の説明

  • オートナンバー型 : 自動的に連番を付けることができます。 連番の変更・削除はできません。 これにより1つのレコードに唯一無二の番号をふることができます。
  • 短いテキスト : 最大255文字を入力できます。
  • 通貨型 : 金額に使用します。
その他のデータ型については、「フィールドのデータ型」の記事を参照してください。 問題にあるフィールドを設定

主キーを設定します。
主キーはレコード固有のフィールドのことで、重複するデータを入力することはできません。

商品IDフィールドを選択し、リボンの[テーブル]〜[デザイン]〜ツールグループの[主キー]をクリックします。

ツールグループの[主キー]をクリック

これで商品IDフィールドの左に鍵のアイコンが表示されました。

フィールドの左に鍵のアイコンが表示された

テーブル右上の[閉じるボタン(×)]をクリックします。
「’テーブル1’テーブルの変更を保存しますか?」と表示されるので[はい]をクリックします。

テーブルの変更を保存しますか?

名前を付けて保存ダイアログが開くのでテーブル名を入力します。
テーブル名の先頭に「T-」などと付けることで、名前でテーブルであることを判断できるので付けるようにしてください。

テーブル名を入力

もし主キーを設定していない場合は、「主キーが設定されていません。テーブルに格納されているレコードを識別するため、主キーを設定することをお勧めします。他のテーブルとのリレーションシップを設定する場合は、主キーを設定する必要があります。主キーを設定しますか?」と表示されるので[はい]をクリックします。

主キーが設定されていません

作成したテーブルにデータを入力する

左のナビゲーションウィンドウに表示されているテーブル名をクリックします。
ナビゲーションウィンドウとはデータベース内のオブジェクト一覧を表示しているウィンドウです。
オブジェクトとは、テーブル・フォーム・クエリ・レポートなどのことです。

テーブル名をクリック

データを入力します。

  • 商品IDから販売単価までの一行が1レコードになります。
  • 商品IDフィールドにはデータを入力できないことを確認してください。
  • レコードを追加すると、商品IDが自動的に連番になることを確認してください。
  • 販売単価には、数字以外の文字などを入力できないことを確認してください。

データ入力後、テーブル右上の[閉じるボタン(×)]をクリックします。

データを入力します

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る BackAccess練習問題

Copyright(C) FeedSoft