欠席する場合・出席する場合と宛名面の書き方を掲載しています。

ここでは祝賀会パーティを例として記載していますが、結婚式や同窓会の返信も基本的に同じです。

スポンサーリンク







出席する場合の返信の書き方

出席する場合の返信の書き方

「御」を2重線で消し、出席に〇を付けます。
「御欠席」を2重線で消します。
ご住所の「ご」を2重線で消します。
ご芳名の「ご芳」を2重線で消します。

余白にメッセージを記入すると、気持ちが伝わります。



欠席する場合の返信の書き方

欠席する場合の返信の書き方


「御出席」を2重線で消します。
「御」を2重線で消し、欠席に〇を付けます。
ご住所の「ご」を2重線で消します。
ご芳名の「ご芳」を2重線で消します。

できれば、余白に欠席理由を書き添えます。

宛名面の書き方

宛名面の書き方

「行」を2重線で消し「様」と書き入れます。

スポンサーリンク