FeedSoft > お役立ちTips > ポケモンGO|かたつむりの購入

ポケモンGOの卵を孵化させるための自動歩行ロボット

かたつむり ライントレーサーの購入

ポケモンGOの卵を孵化させるとは
ポケモンGOはモンスターの卵を持つことができます。
卵は歩くことで孵化することができますが、GPSで歩行距離を測定しているため、実際に歩かないといけません。
また、卵には2Km・5Km・10Kmの3種類があり、10Kmの卵を孵化させるには10Km歩く必要があります。

自動歩行ロボットとは
2足歩行ロボットなどのプログラミングできるロボットが一番いいかもしれませんが、何しろ高価なので、安価でIphoneを載せることができるロボットを探した結果、今回の「かたつむり ライントレース」を試してみることにしました。
うまくいくかどうかは、やってみないと分かりません。

● かたつむり ライントレースとは
TAMIYAから発売されている、キットです。
キットなので組み立てる必要があります。
モーター2個を使って、ギヤでタイヤを動かすようになっているので、パワーはありそうです。
ライントレースとは、白い紙などに黒い油性ペンで書いた線をたどって動くことです。
サイズは全長176mm・全幅114mmで、背中の部分が広いのでIphoneを載せられそうです。

価格は3,000円前後で販売されています。

● かたつむり ライントレースを購入
購入しましたので、とりあえず外観を掲載します。

外箱
外箱

側面には、目の動きのしくみが解説されています。
かたつむりが歩く時に、目が前後に動くようです。
目の動きのしくみ

反対の側面には、動きのしくみが解説されています。
センサーが黒い線の上にあると、右モーターが動き左に進みます。
センサーが黒い線からはなれると、左モーターが動き右に進みます。
動きのしくみ

箱の中身です。
箱の中身

右上がモーター2個とセンサーユニットです。
左下が背中のパーツ、右下は本体パーツです。
モーター・センサー・パーツ


スポンサーリンク


Copyright(C) FeedSoft All Right Reserved