「製造業向け在庫管理 Plus 生産計画」 For Access の使用方法

今月来月来々月の生産計画から不足部品(発注数)を分解し算出、進捗状況も分かる在庫管理ソフトです。

スポンサーリンク






BackHomeへ Back製造・生産ソフト2へ

●特徴

■在庫管理部
製品・部品単位の在庫管理が可能です。

製品・部品単位の日々の入出庫推移・在庫数が一覧により一目瞭然です。

一覧画面では一覧印刷、グラフ印刷、当日印刷、Excel保存印刷、HTML保存が可能です
ExcelやHTMLでサーバーに保存することで多人数で必要な結果を簡単に閲覧が可能になります。

部品は「生在庫」と「仕掛在庫」として管理できます。
又、共通部品は部品コードで集計が可能です。

部品・製品・仕掛品の棚卸が可能です。
製品・仕掛品の棚卸結果は、部品に分解し集計が可能です。
在庫はデータ上で来月に引き継ぐことが可能ですので、棚卸は必ずしも行なう必要はありません。

■生産計画部
製品の生産計画を分解し、今月、来月、来々月の部品不足(発注数)を算出します。

進捗、部品不足の計算には製品の歩留りを含めることができます。

部品不足は純粋に必要な部品の他に、投入数、生在庫も計算に含め算出します。
在庫の減少目的にも有効です。


データファイルは、一ヶ月単位で棚卸結果又は月末在庫を来月の月末在庫として引き継ぐことができます。
データの精度が良ければ、月末在庫を引き継ぐことで棚卸は不要になります。
又、来月の生産計画を今月の生産計画に引き継ぐことができます。

●構造

このソフトの構造は製品(仕掛)と部品の管理に分かれています。
黒ボールペンと赤ボールペンの製造に例え説明します。

[製品の流れ]
黒ボールペンと赤ボールペンはそれぞれ投入された時点で製品(仕掛)となり、納品された時点で製品(仕掛)は減少します。
これは日々変動します。
「今日の時点で黒ボールペンの仕掛は何本?」などの場合、実際に数えるのは大変です。
このソフトでは一覧・グラフで簡単に把握ができます。
又、製品の動きは部品に分解されますので部品の在庫・変動も把握できます。

[部品の流れ]
黒ボールペンには、黒インク芯・シャフト・キャップなどの部品からできています。
赤ボールペンには、赤インク芯・シャフト・キャップなどの部品からできています。
両者には共通部品もあるかもしれませんし、同じ部品が2個以上使用されているかもしれません。

このソフトでは、 共通部品はコードで集計することができます。又、部品の使用数で分解されます。
これらの部品は製品に使用される前の「生在庫」と使用された「仕掛在庫」に区分されます。
「明日、黒ボールペンを100本投入するけど、部品はそろっているの?」などの場合、「生在庫」を見れば簡単にわかってしまいます。

[棚卸]
計算上、このソフトに入力されるデータで棚卸は必要なくなるはずですが、棚卸が必要な場合も多いと思います。
棚卸結果を部品単位で集計するには、黒ボールペンにはどの部品がいくつ使用され、赤ボールペンにはどの部品がいくつ使用されているかを調べながら分解する必要があります。さらに仕掛になると全ての部品が使用されているわけではないのでさらに難解です。
このような理由で集計する人は内容を理解したベテランでなくては難しく、計算ミスも発生しやすく時間もかかります。
このソフトでは一度マスターを登録しておけば、リストから選択し数量を入力するだけで分解ができます。
さらに、入力データ・集計結果はそれぞれレポート出力ができます。

[生産計画]
生産の進捗状況の把握と不足部品の算出が目的です。
両方とも歩留り(不良が出ない場合は100%にセット)を計算に含めることができます。

生産の進捗とは、生産計画数に対しどれくらい投入と納品が進んでいるかが分かります。

生産に必要な部品を発注する場合、初めに部品に分解しなくてはいけません。
製品の種類が多い場合や使用部品が多い場合などとても大変な作業になりますが、このソフトでは一度登録しておけば簡単にできます。
不足部品の算出は生産が月単位で終わり不良もなく進んでいる場合は簡単かもしれませんが、通常そのようにうまくはいきません。
月の途中で不足部品はないかとか、来月の発注部品はいくつかなどを計算するには大変時間の掛かる作業になります。
このソフトでは製品の生産計画を分解し例えば15日時点での不足部品がわかります。
不足部品は生産計画と歩留りから計算した結果と、これに投入数と生在庫を含めた不足数を算出します。
来月の不足部品は今月末の不足部品を現時点で計算し算出します。

●はじめに

「 製造業向け在庫管理 Plus 生産計画 For Access97」には Microsoft Access97 がインストールされている必要があります。

「 製造業向け在庫管理 Plus 生産計画 For Access2000」には Microsoft Access2000 がインストールされている必要があります。

「 製造業向け在庫管理 Plus 生産計画 For Access2002-2003」には Microsoft Access2002又は、Access2003がインストールされている必要があります。

「 製造業向け在庫管理 Plus 生産計画 For Access2007-2010」には Microsoft Access2007又は、Access2010がインストールされている必要があります。

Excel印刷を行うにはMicrosoft Excelがインストールされている必要があります。
Excel印刷はAccessに対応するそれぞれのバージョンで動作確認を行っています。

※.進捗表、部品不足は歩留りの変動や入力データ精度等で変わります。確定したデータではありません。
   業種などによりいろいろと手法があると思いますので、検証し使用してください。

[インストール方法]
ダウンロードされたファイルは圧縮されています。
  1. 「スタート」-「ファイル名を指定して実行」でダウンロードされたファイルを指定しOKをクリックしてください。これで解凍できます。
    もし入手されたものがLZH形式の場合は、先にLhasa等の解凍ソフトで解凍しておいてください。
  2. Accessを起動し、「ファイル」-「開く」で解凍フォルダ内の「zaiko**.mde」を指定してください。
    (Access97の場合、zaiplan97.mde)
    (Access2000の場合、zaiplan2k.mde)
    (Access2002、Access2003の場合、zaiplanxp.mde)

    ソースファイルの場合は「zaiko**.mdb」になります。

    ※.Access2007、Access2010の場合、zaiplan27.accde、ソースファイルの場合は「zaiko**.accdb」になります。
起動時は添付のサンプルデータファイル(○○○○年○○月在庫.mdb、Access2007の場合は○○○○年○○月在庫.accdb)で操作等お試しください。
「新規ファイルの作成」ボタンで新規データファイルを作成できます。

[アンインストール方法]
インストール先のフォルダごとしてください。

試用版では使用制限があります。詳しくは、ダウンロードファイル内の「お読みください.txt」をご覧ください。
製品版・ソースファイルをご希望の方も、「お読みください.txt」をご覧ください。



スポンサーリンク






BackHomeへ Back製造・生産ソフト2へ

Copyright(C) FeedSoft