Access:クエリで日付に変換し表示・更新クエリで日付に変換し登録

クエリでテキスト型の文字列を、Formatを使用し日付の形式で表示します。さらに更新クエリで、CDateを使い日付型のフィールドに登録します。

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

クエリの元になる商品一覧テーブルです。
矢印の登録日フィールドを日付の形式で表示します。
クエリの元になる商品一覧テーブル

商品一覧テーブルのテーブルデザインです。
登録日フィールドが「短いテキスト」に設定されているのが分かります。
商品一覧テーブルのテーブルデザイン

■ クエリで日付に変換し表示する

クエリを作成し、Formatを使用した下記の式を入力します。
日付: Format([登録日],"0000\/00\/00")
クエリを作成し、Formatを使用した式を入力

クエリを実行すると、テキスト型の登録日が、日付の形式に変換し表示することができました。
テキスト型の登録日が、日付の形式に変換し表示


■ 更新クエリで日付型に変換し登録する

商品一覧テーブルに、日付型で登録するフィールドを追加します。
商品一覧テーブルに、日付型で登録するフィールドを追加

更新クエリを作成します。
  1. 商品一覧テーブルをクエリに追加します。
  2. リボンの[クエリ ツール]〜[デザイン]〜クエリの種類グループの[更新]をクリックします。
  3. 下のグリッドに「日付」フィールドを追加し、レコードの更新に下のCDateを使用した下の式を入力します。
    CDate(Format([登録日],"0000\/00\/00"))
レコードの更新に下のCDateを使用した式を入力

リボンの[実行]をクリックすると、「〇件のレコードが更新されます。」と表示されるので[はい]をクリックします。
「〇件のレコードが更新されます。」と表示

これでテキスト型の日付が変換されて、日付型のフィールドに登録することができました。
日付が変換されて、日付型のフィールドに登録できた

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft