様々な書式と数値でFORMAT関数をクエリで使用する(小数、0埋めなど):Access

FORMAT関数は、データを指定した書式に変換し返す関数です。データが数値や日付の場合、文字列で返ります。

構文 : FORMAT(データ , 指定する書式 , 週の開始曜日, 年の第1週)

日付・曜日・文字列など色々と書式設定ができますが、ここでは数値データのみで試してみます。

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

クエリの元になる数値テーブルです。

ID 0 : ヌル値
ID 2〜5 : 様々な桁数の整数
ID 6〜8 : 様々な桁数の小数
数値テーブル

■ FORMAT関数を使ったクエリの作成

下のように「数量」フィールドを元に、数1〜5の書式を作成しました。
FORMAT関数を使ったクエリ

■FORMAT関数の書式設定結果

・「0」を使った書式

数1: Format([数量],"0")
数2: Format([数量],"000")
数3: Format([数量],"0,000")
数4: Format([数量],".0")
数5: Format([数量],"0.000")
「0」を使った書式

・「#」を使った書式

数1: Format([数量],"#")
数2: Format([数量],"###")
数3: Format([数量],"#,###")
数4: Format([数量],".#")
数5: Format([数量],"#.###")
「#」を使った書式

・「#」と末尾に「0」を使った書式

数1: Format([数量],"#0")
数2: Format([数量],"##0")
数3: Format([数量],"#,##0")
数4: Format([数量],".#0")
数5: Format([数量],"#.##0")
「#」と末尾に「0」を使った書式

・「#」と先頭に「0」を使った書式

数1: Format([数量],"0#")
数2: Format([数量],"0##")
数3: Format([数量],"0,###")
数4: Format([数量],"0.#")
数5: Format([数量],"0#.###")
「#」と先頭に「0」を使った書式

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft