追加クエリの作成手順

追加クエリとは、他のテーブルやクエリから指定したテーブルにレコードを追加するクエリです。
両方のテーブル型が異なる場合は追加できません。
又、テキスト型に追加する場合、文字数がフィールドサイズが大きい場合、データはフィールドサイズまで切り捨てられます。

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

追加元の商品管理テーブルです。
追加元の商品管理テーブル

追加先の商品名テーブルです。
商品管理テーブルから「商品名」「商品カテゴリ」「販売価格」を追加します。
追加先の商品名テーブル

リボン「作成」の「クエリデザイン」をクリックします。
クエリデザインボタン

追加元のテーブル(ここでは商品管理)を選択します。
テーブルの表示ダイアログボックス

追加するフィールドの「商品名」「商品カテゴリ」「販売価格」を選択します。
クエリにフィールドを追加する

リボンの「クエリツール デザイン」の「追加」ボタンをクリックします。
クエリデザインの追加ボタン

追加ダイアログボックスが表示されるので、追加先のテーブル(ここでは商品名)を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
追加先テーブル名の入力
保存ボタンをクリックすると、名前を付けて保存ダイアログボックスが表示されるのでクエリ名(ここではQ_商品追加)を入力します。
クエリを保存する

作成した追加クエリ(ここではQ_商品追加)をダブルクリックし実行します。
(クエリのアイコンが追加クエリのアイコンになっています)
作成された追加クエリ

「追加クエリを実行すると、テーブルのデータが変更されます。」とメッセージが表示されるので、問題なければ「はい」をクリックします。
アクションクエリの警告メッセージ

「10件のレコードを追加します。」とメッセージが表示されるので、問題なければ「はい」をクリックします。
表示されているように、レコードが追加されると、元に戻すことはできなくなります。
追加の警告メッセージ

追加されたテーブルです。10件登録されています。
レコードが追加されたテーブル

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft